海外版ギャラクシー
パッケージはほぼ変わりないように見えますが…

海外版(北米版)『スーパーマリオギャラクシー』を購入。
秋葉原にて中古で発見しました。


海外版Wii本体を持っていないので遊ぶことはできませんが、
いつかは買う予定ですし、持っているだけでも満足なのでヨシとしましょう。

というワケで、恒例の日本版との違い探しです。






右は北米版

まずパッケージを見比べてみましょう。

ロゴの大きさや、マリオが飛んでいる高さが異なっていますが、
個人的に一番驚いたのはパッケージ左下。
よ~く見ると・・・


右が北米版

建物の場所が違う!!


オブジェクトの有無・大小の違いはあれど、
場所が変わっているのはちょっとオドロキでした。
パッケージに限ったことではなく、
海外で使われているこのアートワークは、
全部建物が違う版なんですね。気づかなかった・・・

そのほか、海外版にはディノパックンがいる星があったり、
ナゼかブラックホールのオーラがアップしていたりします。





続いて中身。

国内盤はマリオが宙返りのやつです

お!ディスクがピクチャーレーベル版!
国内のギャラクシーもそうですが、最近出たやつはディスクが
ピクチャーレーベル版に変わっているそうですね。

こちらも説明書・ディスクともに国内版とデザインが違います。
よく見るとトールケースの構造も違っていますね。


説明書には北米版Wiiソフトは三カ国語(英語、フランス語、スペイン語)が載ってます。
それぞれの言語で3回分載っているので、説明書がかなり厚かったり。
内容は、しかけ紹介の部分が圧縮されて全体的に1ページ分少なくなっています。

Chikos

チコの英名は「Luma」ですが、フランス語だと「Chiko」で日本と一緒。
スペイン語だと「Destello」だそうです。
バトラーも国によって名前が違っていますね。




といった感じで、
パッケージや説明書だけでもいろいろ違いのある海外版『ギャラクシー』でした。
ゲーム内容の違いの検証は、またいつか。



・おまけ

かわいらしい

パッケージの背にはチコたちが。
こういうのがあると、棚に並べたときわかりやすいですね。
関連記事
Posted by kikai
  trackback:0
[ゲーム・海外版
trackback URL
http://allsupermario.blog121.fc2.com/tb.php/579-3dc7dd96
trackback