『マリオメーカー』のはなし
イカでもRPGでもなく、遊び続けるはこのゲーム

相変わらず遊び続けている、『スーパーマリオメーカー』。
先日、遊んだコース数が15000を突破しました。


もっぱら自分は遊ぶ方専門。
次々と出てくるコースに挑戦する「100人マリオチャレンジ」ばかり遊んでいます。
やっぱマリオのアクションゲームが好きなので、
毎回新しいコースを遊べるというのは大変魅力的であります。

遊び続けること、15000コース。
そこでわかってきたことを書き記したいと思います。



・コースの出方にはある程度法則性がある

「100人マリオ」では投稿されたコースの中からランダムで出てくるのですが、
全800万コースの中から完全ランダムで選ばれるわけではなく、
「最近投稿されたコース」と「それ以前に投稿された中で評価が高かったコース」が
7:3ぐらいの割り合いで出てくる気がします(足跡や☆の数から判断)

なので、「過去に評価が高かったコース」は割りと何度も出てきます。
ちなみに、ごーく希に公式職人(消しゴム君とか)も出てきます。これはかなりレア。



・コースにお国柄が出る

お国柄というか年齢というか。
これは「100人マリオ」の「むずかしい」での感覚ですが、

海外はパズルコースをよく見かけるのに対して、
日本はスピードランのコースが多いです。
その逆はあまり見ない(無くは無いですが)

海外はマリオっぽいコースになっているのに対して、
日本は一発ネタやギリギリを求める系が多い。

海外は考える系、日本は反射神経を求める系が多いですね。
どちらの方が面白いかと問われると、ピンキリなので何とも言えませんが。
もちろん、難易度が変われば事情も変わってきます。
「とてもむずかしい」だと日本のコースが圧倒的に多い。





ぶっちゃけ、面白いコースばかりではないです。
これは仕方ないです。

クリアできるもんならやってみろよ!という、
イジワルたっぷりのコースに挑むわけですからね。
運要素、初見殺し、理不尽、何でもアリです。
そりゃもうウンザリするほどに。

でもその分、クリアできた時の達成感も大きく。
むしろ慣れてくると、それぐらい尖ったコースじゃないと
満足できない体になってきます(笑
(実際3DS版の内蔵コースは物足りなかった)

人生山アリ谷アリ、色々あるから楽しいんじゃないでしょうか。
まだ見ぬ800万のコースを求めて、今日もマリオメーカーを遊びます。







関連記事
Posted by kikai
  trackback:0
[WiiU系タイトル
trackback URL
http://allsupermario.blog121.fc2.com/tb.php/1357-bf42bb27
trackback